【テニス】インドア・バーゼルでフェデラーvsワウリンカは実現せず…フェデラー不戦勝で4強へ

ワウリンカが負傷、フェデラーとの対決は実現せず
ワウリンカが負傷、フェデラーとの対決は実現せずワウリンカが負傷、フェデラーとの対決は実現せず

男子テニスのATPツアー公式戦、スイス・インドア・バーゼルの2回戦で、スタン・ワウリンカ(スイス)がフランシス・ティアフォ(アメリカ)と戦い、6-3、3-6、7-5とフルセットにもつれながらもワウリンカが準々決勝進出を果たした。

準々決勝で先に勝ち上がっていたロジャー・フェデラー(スイス)とのスイス人対決がこれで実現したかと思えたが、ワウリンカはティアフォ戦で背中を負傷したため、大会からの棄権を発表。フェデラーvsワウリンカの対戦は実現せず、不戦勝のフェデラーは戦わずして4強進出を決めた。

フェデラーとワウリンカと言えば、それぞれグランドスラム大会を20度、3度制しているスイスの国民的英雄。また、2人は2008年の北京オリンピックではダブルスを組み、金メダルを獲得した盟友でもある。そして今や2人も38歳、34歳とキャリアの晩年にあるだけに、対決が実現しなかったことについて、地元スイスでは惜しむ声が相次いでいるという。

なお、同大会ではその他ステファノス・チチパス(ギリシャ)、フィリップ・クライノビッチ(セルビア)、ロベルト・バウティスタ・アグート(スペイン)、ライリー・オペルカ(アメリカ)、アレックス・デミノー(オーストラリア)、ヤン・レナード・ストルフ(ドイツ)などが準々決勝勝ち上がりを決めている。

  • アンディ・マレーがロジャー・フェデラー破り金 | ロンドン2012リプレイ

    アンディ・マレーがロジャー・フェデラー破り金 | ロンドン2012リプレイ

  • なぜこれらのプロテニスプレーヤーは、テニスが好きなのか?

    なぜこれらのプロテニスプレーヤーは、テニスが好きなのか?

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!