【テニス】ウェスタン&サザンOPで錦織圭が実戦復帰予定、大坂なおみの登録はなし

約1年ぶりに実戦復帰予定の錦織圭
約1年ぶりに実戦復帰予定の錦織圭約1年ぶりに実戦復帰予定の錦織圭

テニスのグランドスラム(四大大会)、全米オープンの前哨戦に位置付けられる「ウェスタン・アンド・サザンオープン」(8月20日開幕/アメリカ・ニューヨーク)の出場選手リストが7月29日、大会公式サイト上で発表された。昨年の全米オープンを最後に戦列から離れている錦織圭がエントリー。大坂なおみは登録していない。

右ひじの怪我から復帰を目指す錦織圭は、出場となれば2019年全米オープン以来の実戦となる。男子では錦織のほかに、ATPランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)、2位のラファエル・ナダル(スペイン)などが出場を予定している。4位のロジャー・フェデラー(スイス)は、右ひざ手術のため2020年いっぱいの休養を発表しており、エントリーしていない。

女子はセリーナ・ウイリアムズ(アメリカ)らが出場予定。WTAランキング10位の大坂なおみは、現時点でリストには入っていない。WTAランキング1位のアシュリー・バーティ(オーストラリア)と、2位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)も登録していない。

新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大の影響で、3月から中断が続いている男子・ATPツアーと女子・WTAツアー。ATPツアーは8月14日開幕予定だったシティ・オープン(アメリカ・ワシントン)が中止となったため、ウェスタン・アンド・サザンオープンが再開初戦となる。WTAツアーは8月3日開幕のパレルモ・オープン(イタリア・パレルモ)で再開する。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!