テニス

【テニス】ウエスタン&サザンOP第8日:大坂なおみが左太もも裏の負傷で決勝を棄権

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

全米オープンの前哨戦、ATP(男子プロテニス協会)ツアー・WTA(女子テニス協会)ツアー「ウエスタン・アンド・サザン・オープン」が現地時間8月29日、8日目を迎えた。女子シングルス決勝で、大坂なおみ(日清食品)が左太もも裏の負傷により試合を棄権。ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)が優勝した。

右太ももの負傷で決勝を棄権した大坂なおみ

大坂(WTAシングルス世界ランキング10位)は現地時間28日に行われた準決勝でメルテンス(ベルギー/同22位)を下し、決勝ではアザレンカ(同59位)と対戦する予定だった。しかし、左太もも裏(ハムストリング)の負傷により棄権。大坂は負傷について、「準決勝第2セットのタイブレークで、左のハムストリングを引っ張ってしまったが、一晩では思ったように回復しなかった」と説明した。

ウエスタン&サザンOP女子シングルスは、大坂の棄権によりアザレンカが優勝。アザレンカは2016年以来となる21回目のWTAツアーシングルス優勝となった。男子シングルス決勝では、ノバク・ジョコビッチ(ATPシングルス世界ランキング1位/セルビア)がミロシュ・ラオニッチ(同30位/カナダ)を下し、優勝した。

大坂は今後、現地時間8月31日開幕のグランドスラム・全米オープンに出場する予定。1回戦では、世界ランク78位・土居美咲(ミキハウス)との日本人対決が組まれている。

大坂なおみがウエスタン・アンド・サザン・オープン女子シングルス決勝を棄権(WTA公式サイト)

ウエスタン&サザンOP:大坂なおみの試合結果

2回戦(8/24):vs カロリーナ・ムチョバ(チェコ/26位)

  • 〇 2-1(6(5) -7 、6-4、6-2)

3回戦(8/25):vs ダヤナ・ヤストレムスカ(ウクライナ/25位)

  • 〇 2-0(6-3、6-1)

準々決勝(8/26):vs アネット・コンタベイト(エストニア/20位)

  • 〇 2-1(4-6、6-2、7-5)

準決勝(8/28):vs エリーズ・メルテンス(ベルギー/22位)

  • 〇2-0(6-2、7-6(5) )

決勝(8/29):vs ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ/59位)

  • 棄権

これまでウエスタン&サザンOPはアメリカ合衆国オハイオ州シンシナティで開催されていたが、2020年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、会場を変更。31日開幕の全米OPと同会場、USTAビリー・ジーン・キング・ナショナルテニスセンター(ニューヨーク州)で開催されている。