テニス・グランドスラムの全米OP、錦織、西岡、大坂、土居の本戦出場が確定

全米本戦出場が決まった錦織圭(写真は2018年全米)
全米本戦出場が決まった錦織圭(写真は2018年全米)全米本戦出場が決まった錦織圭(写真は2018年全米)

テニスのグランドスラム大会、全米オープンで、日本人選手4名の本戦出場が確定した。

8月26日より行われる全米オープンの本戦出場者が公式サイトで発表され、男子ではATPランキング7位の錦織圭、同73位の西岡良仁がダイレクトイン。

女子ではWTAランキング2位の大坂なおみ、同82位土居美咲の出場が確定している。

全米は錦織のキャリアを通して、グランドスラムのファイナルまで勝ち進んだ(2014年)唯一の大会。一方、大坂にとっては1年前の2018年大会で、初のグランドスラム制覇を果たした記念すべき大会となる。

日本勢にとって相性の良い全米のハードコートで、錦織や大坂はタイトル争いに食い込めるのか、大いに注目を集めることになりそうだ。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!