テニス

【テニス】サンクトペテルブルクOPでワウリンカが8強…大会6日目は男子複でマクラクラン勉も登場

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

ロシアのサンクトペテルブルクで行われているATPツアー500、サンクトペテルブルクオープンは現地時間10月14日、大会5日目を迎えた。

男子シングルスではグランドスラム(四大大会)を3度制したスタン・ワウリンカ(スイス)がエフゲニー・ドンスコイ(ロシア)とのラウンド16に挑んだ。

ワウリンカは第1セットを6-1で先取するも、第2セットを3-6で落とした。ファイナルセットは6-3でワウリンカが取り、セットカウント2-1で準々決勝進出を決めている。

ワウリンカは準々決勝でイリヤ・イヴァシュカ(ベラルーシ)vsデニス・シャポバロフ(カナダ)の勝者と対戦する。

サンクトペテルブルクOP結果(ATP公式サイト)

現地時間15日、大会6日目では男子ダブルス準々決勝でマクラクラン勉(日本、イカイ)/フランコ・シュクゴール(クロアチア)組がアドリアン・マナリノ/ファブリス・マルタン(フランス)組と対戦する。