テニス

【テニス】ジェネラリOP1日目:約1年ぶりに実戦復帰の錦織圭は初戦敗退

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

ATP(男子プロテニス協会)ツアー、ジェネラリオープン(オーストリア・キッツビューエル)本戦が9月8日に開幕。2019年全米オープン3回戦以来の実戦となる錦織圭(日清食品)は、シングルス1回戦に出場し敗れた。西岡良仁(ミキハウス)はストレート負けを喫し、初戦敗退となった。

約1年ぶりの公式戦となった錦織(ATPシングルスランキング34位)は、ミオミル・キツマノビッチ(セルビア/47位)と対戦した。第1セットを6-4で取るが、第2セットと第3セットを落とし逆転負け。復帰初戦を勝利することはできなかった。西岡(49位)はギド・ペラ(アルゼンチン/36位)にストレートで敗れた。

■シングルス1回戦

錦織圭 6-4、4-6、2-6 ミオミル・キツマノビッチ

西岡良仁 3-6、0-6 ギド・ペラ

ジェネラリ・オープン大会公式サイト