【テニス】ティエム、ATPファイナルズで4強進出1番乗り…ジョコビッチ&フェデラー撃破

ジョコビッチを撃破し、歓喜のティエム
ジョコビッチを撃破し、歓喜のティエムジョコビッチを撃破し、歓喜のティエム

11月10日より行われている、2019年シーズン上位8傑で競うATPファイナルズで、ドミニク・ティエム(オーストリア)が早くも4強への勝ち上がりを決めた。

大会3日目の現地時間12日、ティエムはノバク・ジョコビッチ(セルビア)を2時間47分の死闘の末、2-1で下して2勝目をマークした。初戦でロジャー・フェデラー(スイス)を下していたティエムは、これで“グループ・ビヨン・ボルグ”の2位以上が確定。準決勝進出を1番乗りで決めている。

グループ最終節、14日にジョコビッチvsフェデラーが行われるが、これは1勝1敗同士の対戦で、4強への勝ち上がりを懸けた一戦となった。

一方で“グループ・アンドレ・アガシ”は初戦が2日目の現地時間11日に行われ、アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)がラファエル・ナダル(スペイン)を撃破した。ステファノス・チチパス(ギリシャ)がダニール・メドベージェフ(ロシア)を下し、この組ではA・ズベレフとチチパスが先勝。世界ランキング1位のナダルは、13日の2戦目でメドベージェフに敗れた場合、1試合を残して早期敗退となる可能性を残している。

ATPファイナルズでは、フェデラー、ナダル、ジョコビッチの“BIG3”が覇権争いをするものと思われていたが、蓋を開けると勢いのある若手が躍進する状況となっている。

  • アンディ・マレーがロジャー・フェデラー破り金 | ロンドン2012リプレイ

    アンディ・マレーがロジャー・フェデラー破り金 | ロンドン2012リプレイ

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!