【テニス】フェデラー、2020年1月の新設大会「ATPカップ2020」の出場見送りを発表

フェデラー、2020年初戦の参加を見送り
フェデラー、2020年初戦の参加を見送りフェデラー、2020年初戦の参加を見送り

テニスの世界ランキング3位、ロジャー・フェデラー(スイス)が2020年1月3日~12日、オーストラリアで開催される新設の国別団体戦「ATPカップ2020」を欠場することになった。

フェデラーは「残念ながら、新たな大会ATPカップの出場を取りやめることになった」との声明を発表している。

「9月時点で出場する意向だったが、2020年シーズンのスタートは厳しいスケジュールになるということで、欠場を決断することになった」

「家族やチームと意見を交わした結果、自分にとってはホームで2週間ほど多く過ごすことが優先すべきことだと判断した」

フェデラーは先日、休養が必要との理由で現在開催中「ATP1000 パリ」の出場を見送ったばかりだった。

フェデラーは2020年の東京五輪に照準を合わせており、その2カ月前に行われる全仏オープンに出場する意向を示していた。百戦錬磨のフェデラーはコンディション維持のため、38歳という年齢もあり無理なスケジュールを組まないよう意識しているようだ。

東京五輪を見据えたうえで“史上最強のテニスプレーヤー”はこの後どのような日程で調整を続けるのか、引き続きその動向が注目される。

  • アンディ・マレーがロジャー・フェデラー破り金 | ロンドン2012リプレイ

    アンディ・マレーがロジャー・フェデラー破り金 | ロンドン2012リプレイ

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!