テニス

【テニス】ベット1ハルクス選手権6日目:西岡良仁が逆転勝利を収め準々決勝進出

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

ドイツ、ケルンで行われているATP250ベット1ハルクス選手権は10月22日、大会6日目を迎えた。

男子シングルス2回戦では日本の西岡良仁(ミキハウス)がヤン=レナード・ストルフ(ドイツ)と対戦した。第1セットは2-6で落とした西岡だったが、第2セットは6-3で取り返してセットカウント1-1に。

最終セットはタイブレークにもつれる激戦となったが、7-6(7-3)で西岡が逆転勝利をマーク。大会ベスト8進出を決めている。

西岡は現地時間23日の大会7日目、準々決勝で大会第5シードのフェリックス・オジェ・アリアシム(カナダ)と戦う。

ATP250ベット1ハルクス選手権6日目結果(ATP公式サイト)