テニス

【テニス】全仏OPワイルドカードが発表|アンディ・マリーらが出場

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

テニスのグランドスラム(四大大会)全仏オープンの、ワイルドカードによる出場者が9月14日に発表された。男子シングルスでは、アンディ・マリー(イギリス)らが選出。女子シングルスでは、ツベタナ・ピロンコバ(ブルガリア)、ウージニー・ブシャール(カナダ)らの出場が決まった。

最新のATPシングルスランキング110位のマリーは、グランドスラム通算3度の優勝(2013年・2016年ウィンブルドン、2012年全米OP)を誇り、全仏OPでは2016年の準優勝が最高成績となっている。ワイルドカードにより出場した2020年の全米OP(8/31開幕)では、1回戦で日本の西岡良仁(ミキハウス/50位)を破り、2回戦に進出した。

女子シングルスのピロンコバ(WTAシングルスランキング156位)は、全米OPでベスト8まで勝ち進んだ。準々決勝では、セリーナ・ウィリアムズ(アメリカ/9位)に敗戦。ブシャール(167位)はグランドスラム優勝経験はないが、2014年ウィンブルドン準優勝、全仏OPでは2014年にベスト4に進出している。

全仏オープン本戦は9月27日から10月11日、予選は9月21日から9月25日に行われる。

2020年全仏OPワイルドカード

男子シングルス本戦

  • エリオット・ベンシェトリ(フランス/214位)
  • ウーゴ・ガストン(フランス/236位)
  • クエンティン・ハリーズ(フランス/200位)
  • アントワン・ホアン(フランス/126位)
  • マキシム・ジャンビエ(フランス/203位)
  • ハロルド・マヨ(フランス/411位)
  • アンディ・マリー(イギリス/110位)
  • アーサー・リンダーネック(フランス/163位)

※順位は最新のATPシングルスランキング

女子シングルス本戦

  • ウージニー・ブシャール(カナダ/167位)
  • クララ・ビュレル(フランス/433位)
  • エルザ・ジャックモット(フランス/589位)
  • クロエ・パケ(フランス/182位)
  • ポリーヌ・パルモンティエ(フランス/162位)
  • ディアーヌ・パリー(フランス/306位)
  • ツベタナ・ピロンコバ(ブルガリア/156位)
  • ハーモニー・タン(フランス/233位)

※順位は最新のWTAシングルスランキング

参考:全仏オープン公式サイト