テニス

【テニス】全仏OP第2日:西岡良仁が2年連続で2回戦へ、杉田祐一は初戦敗退

文: 鈴木花 ·

パリのローランギャロスで行われているテニスの全仏オープンは現地時間9月28日、本戦2日目を迎えた。ATP(男子プロテニス協会)シングルス世界ランキング52位の西岡良仁(ミキハウス)は同22位のフェリックス・オジェ=アリアシム(カナダ)を破り、2年連続で2回戦進出を決めた。

西岡良仁 3-0 フェリックス オジェ=アリアシム

次戦は、地元フランスの若手ウーゴ・ガストンと対戦する。

同94位の杉田祐一(三菱電機)は、同25位のキャスパー・リード(ノルウェー)にストレート負け。

キャスパー リード 3-0 杉田祐一

全仏OPで圧倒的な強さを見せてきた同2位のラファエル・ナダル(スペイン)、2020年の全米OPでグランドスラム初優勝を果たした同3位のドミニク・ティエム(オーストリア)はストレート勝ちで2回戦に駒を進めた。

女子シングルスでは、四度目の優勝を狙う第6シード、WTA(女子テニス協会)シングルス世界ランキング9位のセリーナ・ウイリアムズ(アメリカ合衆国)、同11位で第7シードのペトラ・クビトバ(チェコ)、同17位で第11シードのガルビネ・ムグルサ(スペイン)らが順当に2回戦進出。前回準優勝のマルケタ・ボンドロウソバ(チェコ)はイガ・シフィオンテク(ポーランド)に敗れ、1回戦で姿を消した。

本戦3日目は、男子シングルスの内山靖崇(積水化学工業)、女子シングルスの日比野菜緒(ブラス)、土居美咲(ミキハウス)、男子ダブルスのマクラクラン勉(イカイ)&ルーク・バンブリッジ(イギリス)組が出場する。