テニス

【テニス】全仏OP第4日:錦織圭、最終セットまでもつれるも2回戦敗退…西岡良仁も黒星

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

パリのローランギャロスで開催中のテニスの4大大会(グランドスラム)、全仏オープンは現地時間9月30日、本戦4日目を迎えた。

男子シングルス2回、錦織圭(日清食品)はステファノ・トラバグリア(イタリア)と激突。錦織は第1セットを4-6で落とすと、第2セットは6-2で取り返す。続く第3セットはタイブレークに突入しながら6-7(7-9)で失うも、第4セットは再び錦織が6-4とする。第5セットはトラバグリアのブレイクが続き、2-6で決着。錦織はファイナルセットまでもつれる熱戦を繰り広げたが、2回戦で姿を消すことになった。

ステファノ トラバグリア 3-2 錦織圭

同じく2回戦では西岡良仁(ミキハウス)がウーゴ・ガストン(フランス)と対戦し、1-3で敗れている。

ウーゴ ガストン 1-3 西岡良仁

過去に全仏OPを12度制しているラファエル・ナダル(スペイン)はマッケンジー・マクドナルド(アメリカ合衆国)をストレートで撃破。2020年の全米OP王者ドミニク・ティエム(オーストリア)もジャック・ソック(米国)を3-0で下し、3回戦進出を決めている。

ラファエル・ナダル 3-0 マッケンジー・マクドナルド

ドミニク・ティエム 3-0 ジャック・ソック