テニス

【テニス】全米OP10日目:女子シングルスでセリーナ・ウィリアムズ、ビクトリア・アザレンカが準決勝進出

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

現地時間9月9日、テニスのグランドスラム(四大大会)全米オープンは10日目を迎え、男女シングルス準々決勝、女子ダブルス準決勝が行われた。女子シングルスでは、2014年以来7度目の大会優勝を狙うセリーナ・ウィリアムズ(アメリカ)と、ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)が準決勝に進んだ。

セリーナ・ウィリアムズ(WTAシングルスランキング8位)は、ツベタナ・ピロンコバ(ブルガリア)を4-6、6-3、6-2の逆転で下した。ビクトリア・アザレンカ(27位)はエリーゼ・メルテンス(18位/ベルギー)に、6-1、6-0のストレート勝ち。セリーナとアザレンカは、現地時間10日の準決勝で対戦する。大坂なおみ(9位/日本)とジェニファー・ブレイディ(41位/アメリカ)は、既に準決勝進出を決めていた。

男子シングルスでは、ドミニク・ティエム(ATPシングルスランキング3位/オーストリア)とダニル・メドベージェフ(5位/ロシア)が準決勝に駒を進めた。両者は11日に対戦する。準決勝もうひとつのカードは、パブロ・カレーニョ・ブスタ(27位/スペイン)対アレクサンダー・ズベレフ(7位/ドイツ)。

全米オープン10日目結果(全米OP公式)

トーナメント表(全米OP公式)

テニス全米オープン2020ドロー|大坂なおみのライバルは?

全米オープンの大会日程と放送予定|大坂なおみ・錦織圭の出場は?