【テニス】全豪OP前哨戦ブリスベン国際、大坂なおみは初戦で世界23位サカリと激突

大坂なおみが2020年初戦へ
大坂なおみが2020年初戦へ大坂なおみが2020年初戦へ

大坂なおみが2020年の公式戦初戦で、マリア・サカリ(ギリシャ)と激突することになった。

6日に開幕するWTAツアー、ブリスベン国際は公式メディアを通してドローを発表し、世界ランキング3位大坂なおみは、1回戦で同23位のサカリと戦うことが決まった。

ブリスベン国際は20日に開幕する年間初のグランドスラム大会、全豪オープンの前哨戦という位置付けで、今大会には大坂なおみの他にも世界ランキング1位アシュリー・バーティ(オーストラリア)、同2位カロリーナ・プリスコバ(チェコ)なども参戦。有力選手が集うこととなり、ハイレベルな戦いが繰り広げられることが必至となりそうだ。

2019年大会、大坂はブリスベン国際で4位に終わったものの、本番の全豪オープンでは自身2度目のグランドスラムタイトルを獲得している。大坂は得意のハードコートで2020年最初のビッグタイトルを獲得することができるのか、注目が集まる。

  • 男子シングルス決勝 - テニス | YOGブエノスアイレス2018

    男子シングルス決勝 - テニス | YOGブエノスアイレス2018

  • 女子ダブルス決勝 - テニス | YOGブエノスアイレス2018

    女子ダブルス決勝 - テニス | YOGブエノスアイレス2018

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!