【テニス】内山靖崇、プレイフォード・テニス国際は決勝で敗れる…チャレンジャー6勝目を逃す

内山靖崇、チャレンジャー大会決勝で敗れる
内山靖崇、チャレンジャー大会決勝で敗れる内山靖崇、チャレンジャー大会決勝で敗れる

現地時間3日、オーストラリアのプレイフォードで行われているATPチャレンジャー「プレイフォード・テニス国際」のシングルス決勝が行われ、日本の内山靖崇がジェームズ・ダックワース(オーストラリア)と激突した。

内山は第1セットを6-7とタイブレークの末に落とすと、第2セットも4-6となり、0-2のストレートで準優勝に終わり、チャレンジャー大会での6勝目を逃している。

今季、内山は9月の上海チャレンジャー、10月の寧波チャレンジャーと、チャレンジャーのコンペティションで2カ月連続優勝を果たしていた。だがプレイフォード大会は優勝をあと一歩で逃し、3カ月連続の戴冠には手が届かなかった。

内山は9月、10月の成績が加味され、最新の世界ランキングでは自己最高位となる86位に付けていた。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!