テニス

【テニス】大坂なおみが全仏オープン欠場をSNSで表明|左太もも裏の負傷のため

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

テニスのグランドスラム(四大大会)・全米オープン女子シングルスで優勝した大坂なおみ(日清食品)が9月18日、自身のSNSを更新。次のグランドスラム・全仏オープンを欠場することを表明した。欠場の理由について大坂は、左太もも裏(ハムストリング)の負傷と説明している。

全米OP(8/31~9/13)で2年ぶり2回目の優勝を飾った大坂は18日、自身のTwitter(ツイッター)とInstagram(インスタグラム)に英語と日本語でコメントを掲載。ファンの応援に対し感謝を表した上で、9月27日に本戦が開幕する全仏OP欠場を表明した。大坂は「太もも裏に痛みが残っている。2つの大会(全米OPと全仏OP)の日程が近く、全仏OPまでに体を整える時間が足りないと判断した」と説明。最後に「近いうちに会えることを願っています!それまで元気でね」とファンに向けメッセージを綴った。

大坂は全米OP前哨戦、ウエスタン・アンド・サザンオープン(8/22~8/29)では決勝に進んだものの、同箇所の負傷により試合を棄権していた。