【テニス】大坂なおみの2020年初戦はブリスベン国際…全豪OP前哨戦へ

大坂なおみ、2020年はブリスベン国際からスタート
大坂なおみ、2020年はブリスベン国際からスタート大坂なおみ、2020年はブリスベン国際からスタート

大坂なおみの2020年シーズン初戦は、年明けのブリスベン国際となる見通しだ。

26日、ブリスベン国際は公式メディアを通して、出場予定選手を発表。その中には2019年の全仏女王アシュリー・バーティ(オーストラリア)、グランドスラムタイトルを3つ獲得しているアンゲリク・ケルバー(ドイツ)、ベテランのビーナス・ウィリアムズ(アメリカ)、そして日本の大坂なおみも名を連ねている。

2020年1月6日より始まるブリスベン国際は同シーズンの開幕戦であり、直後に控えているグランドスラム大会、全豪オープン(1月20日~)の前哨戦としても知られている。

昨年の全豪OPで大坂なおみは決勝でペトラ・クビトバ(チェコ)をフルセットの激闘の末に下し、2つ目のグランドスラムを獲得した。3つ目のビッグタイトルを狙う大坂にとって、ブリスベン国際で結果を残し、本番の全豪OPへと臨みたいところ。

また、大坂はハードコートを得意としているだけに、2020年の全豪で連覇を果たせるのかという点は、大きな見どころとなりそうだ。

  • アンディ・マレーがロジャー・フェデラー破り金 | ロンドン2012リプレイ

    アンディ・マレーがロジャー・フェデラー破り金 | ロンドン2012リプレイ

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!