テニス

【テニス】王者ジョコビッチ、全豪OP3回戦で戦う西岡良仁を警戒「ツアーで最もスピードのある選手」

ジョコビッチが昨秋戦った西岡良仁について言及

全豪オープン2回戦で、ディフェンディングチャンピオンのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、世界ランキング146位、日本の伊藤竜馬を3-0のストレートで下し、3回戦進出を決めた。

3回戦では立て続けに日本の西岡良仁と戦う。ジョコビッチは世界71位の西岡に警戒心を示した。その言葉をATP公式サイトが伝えている。

ジョコビッチは「僕は日本人プレーヤーと戦ってばかりだね。すべての日本人選手と戦うことになるだろう」と冗談交じりながらも、次のように語った。

「ニシオカはとてもスピードのある選手だ。おそらくツアーで最も速さのある一人だね。最近戦ったことがあるし、そのスタイルもよく知っている。強みと弱みのどちらも把握しているから、自分が思うようなプランで試合を運べたらいいね」

ジョコビッチは昨年11月にデビスカップ2019決勝大会、セルビアvs日本の第2試合で西岡と戦っている。この時は6-1、6-2と西岡を圧倒したが、その時目の当たりにした西岡のフットワークが印象的だったようだ。

今年に入ってからATPカップのスペイン戦ではラファエル・ナダルからあわや1セットを奪う奮闘を見せた西岡良仁。グランドスラム2回戦の壁を初めて超え、3回戦進出を果たしたものの、グランドスラムタイトル16の王者相手にどこまで食い下がることができるのか。

全豪OP3回戦、ジョコビッチvs西岡の一戦は24日に行われる予定。