テニス

【テニス】錦織圭が右ひじ手術後初となる公の場に「五輪が一番の目標」と来季を見据える

東京五輪に照準を合わせる錦織、リオ五輪では銅メダルを獲得

10月下旬に右ひじの手術を受けていた錦織圭が都内で行われたイベントに出席。術後初となる公の場に姿を見せた。

錦織は27日、東京パラリンピックの聖火ランナー募集のイベントに参加し、このイベント内で2020年に向けて「五輪が一番の目標になる」と復活を誓っている。

錦織圭は10月に右ひじの執刀手術を受け、それ以降リハビリを続けている。復帰は早くても年明けになるのではないかとの報道もあるが、錦織圭は年末の12月29日で30歳を迎える。

30代最初のシーズンは東京オリンピックが控えていることもあり、完全復活&躍進が期待される1年となりそうだ。