【テニス】ATPカップ敗退も、西岡良仁に賛辞の声…対戦したナダルや米メディアが称賛

ナダルと対戦した西岡に賛辞の声
ナダルと対戦した西岡に賛辞の声ナダルと対戦した西岡に賛辞の声

現地時間8日に行われたATPカップのグループB第3戦、日本vsスペインは0-3で決着。2勝1敗の日本はグループ2位となったが、リーグ2位の中で上位2チームに入れず、惜しくも早期敗退となった。

だがスペイン戦で第2シングルスで登場し、ラファエル・ナダルと2時間超えの激戦を繰り広げた西岡良仁に対して、賛辞の声が集まっている。試合後、ナダルは西岡について言及しており、その言葉をATP公式が伝えた。

「彼(西岡)はとても才能があるね。素晴らしい選手だと思う。コート上で難しいことをシンプルにやっているし、判断力やスピード、ディフェンスはツアーでも最高峰の1人だと思うよ」

「本当にタフな展開だった。第1セットから落とす寸前に陥って、そこから何とか巻き返すことができた。何とか勝利することができて本当に嬉しいよ」

また、アメリカのテニス専門メディア『tennisworld』は西岡について「世界ナンバーワンのナダルを相手に、日本の西岡はハードワークを見せたものの6-7、4-6で敗れる結果となった。それでも西岡は信じられないほどのスピードとストロークを見せ、グランドスラムタイトル数19の王者に対し、一時は2つのブレイクを奪うなど、第1セットを取る寸前までいった。ナダルはこの日本人をストレートで下したが、それに要した時間は2時間7分に達し、それが容易ではなかったことを物語っている」と紹介。

ATPカップでは惜しくも8強進出を逃した日本。だが、錦織圭や内山靖崇ら有力選手が負傷欠場した中、日本の主軸として西岡が、改めて存在感を示す戦いとなったようだ。

  • アンディ・マレーがロジャー・フェデラー破り金 | ロンドン2012リプレイ

    アンディ・マレーがロジャー・フェデラー破り金 | ロンドン2012リプレイ

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!