テニス

【テニス】ATPツアー再開初戦予定だったシティオープンが中止

文: オリンピックチャンネル編集部 ·
2019年シティオープンで優勝したニック・キリオス

男子プロテニス協会(ATP)は7月21日、「シティ・オープン」(アメリカ・ワシントンDC/8月13日開幕)の中止を発表した。同大会は、新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大により中断しているATPツアーの再開初戦に予定されていた。

8月13日に開幕予定だった「シティ・オープン」は大会の中止が決定された。ATPは中止の理由について、新型コロナウイルスの感染拡大により、大会開催における状況が不透明のためと説明している。同大会は、新型コロナウイルスの世界的感染拡大の影響で3月より中断しているATPツアーの再開初戦として予定されていた。

ATPのアンドレア・ガウデンツィ会長は、「今年のシティ・オープンが開催できないことは残念だ。今のところは、我々の手に負えない大きな障害が残っている。2021年に、シティ・オープンを開催できることを楽しみにしている」とコメントした。

ATPは、8月20日からニューヨークで開催される「ウエスタン&サザンオープン」とグランドスラムのひとつ「全米オープン」について、引き続き全米テニス協会(USTA)と綿密に協議を行うとしている。また、2020年のATPツアーについては、11月のATPファイナルまでの暫定的な日程が2週間以内に発表される予定となっている。