テニス

【テニス】ATPファイナルズ3日目:ティエムがナダルを下して2連勝、勝ち上がりに王手

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

イギリス・ロンドンで行われているテニスの「Nitto ATPファイナルズ」は現地時間11月17日、大会3日目を迎えた。

シングルスの「グループ LONDON 2020」ではドミニク・ティエム(オーストリア)vsラファエル・ナダル(スペイン)という2020年の全米王者vs全仏王者対決が実現した。

第1セットからタイブレークにもつれる激戦となり、ティエムが7-6(9-7)で先取する。第2セットも両者譲らずタイブレークに突入し、7-6(7-4)でティエムが連取。これでティエムはグループ2連勝を飾り、勝ち上がりに王手をかけた。一方、敗れたナダルは1勝1敗となった。

「グループ LONDON 2020」もう一つの試合、ステファノス・チチパス(ギリシャ)vsアンドレイ・ルブレフ(ロシア)はファイナルセットのタイブレークまでもつれながらも、チチパスが2-1で制している。チチパスはこれで1勝1敗と星を五分に戻した。

現地時間18日の大会4日目には「グループ TOKYO 1970」のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)vsディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)vsダニール・メドベージェフ(ロシア)が行われる。

ATP Finals 3日目結果(ATP公式サイト)