デビス杯欠場の錦織圭が右肘手術へ

かねてからの故障箇所だった右肘の手術に踏み切った錦織圭
かねてからの故障箇所だった右肘の手術に踏み切った錦織圭かねてからの故障箇所だった右肘の手術に踏み切った錦織圭

男子テニス世界ランキング8位の錦織圭が、10月22日中にも右肘の手術を受けると所属事務所が明らかにした。

錦織は、9月上旬の全米オープン後、かねてからの故障箇所である右肘の不調を理由に、楽天ジャパンオープン(9月30日~10月6日)、エルステバンク・オープン(10月19日~27日)を欠場。並びに11月18日にスペイン・マドリードで開幕の男子国別対抗戦のデビスカップの日本代表も辞退し、マスターズ大会(10月26日開幕、パリ)の欠場も決まっていた。

事実上今季を終えたことで、右肘の手術に踏み切ったことを錦織本人、およびマネージャーであるオリバー・ヴァン・リンドンク氏も朝日新聞記者のツイートをリツイートする形で明らかにした。12月復帰を想定しているという。

今回、デビスカップ辞退により、Tokyo2020(東京オリンピック)出場資格の条件となる日本代表戦回数が2回分足りない状況となったが、錦織はリオ五輪での銅メダル獲得など代表戦への貢献度も高く、例外規定での出場が見込める。

なお、デビスカップ決勝には、西岡良仁、内山靖崇、杉田祐一、ダニエル太郎、マクラクラン勉が日本代表として出場する。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!