ノルディックスキー世界選手権、男子30kmスキーアスロンで吉田圭伸が20位

吉田圭伸は日本勢最高となる20位でフィニッシュした
吉田圭伸は日本勢最高となる20位でフィニッシュした吉田圭伸は日本勢最高となる20位でフィニッシュした

ノルディックスキー世界選手権2019のスキーアスロン競技が現地時間23日、オーストリアのゼーフェルトで開催された。

男子30kmスキーアスロンでは吉田圭伸が日本勢最高位の20位でフィニッシュ。トップから2分58秒7差だった。馬場直人は24位、宮沢大志は50位、成瀬開地は56位でゴールしている。

優勝したのは1時間10分21秒8のシュール・ローテ(ノルウェー)だった。なお、2位には0.1秒差でわずか及ばず、平昌五輪50kmクラシカル銀のアレクサンドル・ボルシュノフ(ロシア)が入った。

女子15kmスキーアスロンは36分54秒5でテレーセ・ヨーハウグ(ノルウェー)が制した。日本勢最高位は43分50秒5で50位フィニッシュの滝沢こずえ。石垣寿美子は52位で競技を終えている。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!