ノルディック複合W杯男子個人第8戦・2日目|渡部暁斗は14位、リーベルが今季7勝目

渡部暁斗はクロスカントリーで順位を落とし、14位だった
渡部暁斗はクロスカントリーで順位を落とし、14位だった渡部暁斗はクロスカントリーで順位を落とし、14位だった

現地時間1月10日、FIS(国際スキー連盟)ノルディック複合W杯男子個人8戦目の2日目が、ヴァル・ディ・フィエンメ(イタリア)で行われ、日本の渡部暁斗(北野建設)は14位だった。優勝はヤール・マグヌス・リーベル(ノルウェー)で、今シーズン7勝目を挙げた。

2季ぶりのW杯総合制覇を狙う渡部暁斗は、前半のジャンプで101.0メートルを飛んで134.3点の5位で折り返した。後半のクロスカントリーでは順位を落とし、トップから41.6秒差の14位でフィニッシュした。

そのほかの日本勢では山本涼太(早稲田大学)が24位、永井秀昭(岐阜日野自動車)が28位、渡部善斗(北野建設)が36位だった。

優勝したのはノルウェーのヤール・マグヌス・リーベル。前半のジャンプで104.5メートルを飛び、146.6点で首位に立つと、後半のクロスカントリーでも2位に26.6秒差をつけて総合優勝を決めた。連勝で今季7勝目、通算20勝目をマークした。

FISノルディック複合W杯男子個人第8戦・ヴァル・ディ・フィエンメ大会結果

  • 1位.ヤール・マグヌス・リーベル(ノルウェー)
  • 2位.ビンツェンツ・ガイガー(ドイツ)
  • 3位.ヨルゲン・グローバク(ノルウェー)
  • 14位.渡部暁斗(日本)
  • 24位.山本涼太(日本)
  • 28位.永井秀昭(日本)
  • 36位.渡部善斗(日本)

FISノルディック複合W杯男子個人第8戦結果

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!