バスケットボール

【バスケットボール】八村塁がワシントンで行われた人種差別への抗議運動に参加

文: 渡辺文重 ·

北米プロバスケットボール・NBAのワシントン・ウィザーズに所属する八村塁が現地時間6月19日、アメリカ合衆国ワシントンD.C.で行われた人種差別への抗議運動に、チームメイトとともに参加した。19日は米国のジュンティーンス(黒人奴隷解放記念日)で、各地で抗議運動が行われた。

八村塁もジュンティーンスのデモ行進に参加

ウィザーズはSNSなどを通じ、同じくワシントンD.C.を本拠地とするWNBA(女子NBA)ミスティックスの選手、職員たちとともに、一丸となって市内で警察による暴力と差別の撤廃を求めて行進したと伝える。「Black Lives Matter」と記されたTシャツを着た八村が、「Together We Stand」と書かれた横断幕を持って行進する動画も投稿。日本語公式アカウントでは、ブラッドリー・ビール、ナターシャ・クラウドのメッセージを、字幕付きで紹介している。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により中断されていたNBAは、7月31日に米国フロリダ州オーランドにあるディズニー社の施設で再開を予定。プレーオフ進出の可能性がある22チームでの再開となるが、この中には、八村の所属するウィザーズも含まれている。