バスケットボール

【バスケットボール】FIBAが東アジアスーパーリーグとの提携を発表|アジアクラブ王者を決める大会を設立へ

文: オリンピックチャンネル編集部 ·
FIBAが東アジアスーパーリーグとの提携を発表

FIBA(国際バスケットボール連盟)は8月20日、EASL(東アジアスーパーリーグ)と提携することを発表。EASLは2021年10月よりプロクラブを対象としたチャンピオンリーグ型の大会を開始し、FIBAは10年間にわたり大会の認知と支援を行っていくとしている。

EASLは2021年10月からアジア各国のトップクラブを対象に新たな大会を開始する予定となっており、FIBAはその大会の認知と支援を行っていく。毎年9月に開催されている、FIBAアジアチャンピオンズカップに続く大会となる。2021-22、22-23シーズンは、東アジア各国から8チームが参加し、ホームアンドアウェイ制のグループステージを実施。2月に準決勝と決勝を開催するとしている。この大会は、各国プロリーグのシーズン中に組み込まれる予定で、2023年までに参加チームを16に拡大することを計画している。

FIBAのアンドレアス・ザグクリス事務局長は、「東アジアスーパーリーグの認知は、国際的なクラブ競技を形成するというFIBAのクラブ競技戦略に沿ったものである」とコメント。EASLのマット・バイヤーCEOは、「EASLは、大会の立ち上げに対してFIBAのサポートを受けることができて感激している。中華圏、日本、韓国、フィリピンのトップチームが参加しており、2025年までに世界のトッププロバスケットボール大会の一つになると考えている。また、20億人を超える潜在的なファンを持つ東アジアの国内クラブとリーグ戦を強化することで、FIBAが目指している世界クラブ選手権開催に貢献したい」と、述べている。