バスケットボール

【バスケットボール】Wリーグが開幕…新型コロナ対策で東西カンファレンス制採用

文: 渡辺文重 ·

バスケットボール女子日本リーグ・Wリーグは9月18日、大田区総合体育館(東京都)で行われた東地区(イースタンカンファレンス)ENEOSサンフラワーズvs富士通レッドウェーブにて、2020-21シーズンが開幕。開幕戦は日本代表・渡嘉敷来夢ら擁するENEOSに軍配が上がった。

20-21 Wリーグ レギュラーシーズン ENEOS VS 富士通

Wリーグは当初、12チームによる2回戦総当たり方式を予定していたが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止の観点から「東西カンファレンス制」を採用。東西カンファレンス各6チームによる4回戦総当たり方式で、レギュラーシーズンを行うこととなった。レギュラーシーズン後のプレーオフには、東西各カンファレンスの1位~4位チームが進出。また試合会場はカンファレンスごとに1会場で集中開催するなど、新型コロナウイルス対策が行われる。

【東地区】

  • ENEOSサンフラワーズ
  • 富士通レッドウェーブ
  • シャンソン化粧品シャンソンVマジック
  • 東京羽田ヴィッキーズ
  • 日立ハイテク クーガーズ
  • 新潟アルビレックスBBラビッツ

【西地区】

  • トヨタ自動車アンテロープス
  • トヨタ紡織サンシャインラビッツ
  • デンソー アイリス
  • 三菱電機コアラーズ
  • 山梨クィーンビーズ
  • アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス

20-21 Wリーグ レギュラーシーズン(Wリーグ公式)