【バスケ女子日本代表戦】日本はチャイニーズタイペイに連勝 アジアカップ4連覇へ弾み

アジアカップ4連覇を目指す日本は台湾に快勝した
アジアカップ4連覇を目指す日本は台湾に快勝したアジアカップ4連覇を目指す日本は台湾に快勝した

8月25日、さいたまスーパーアリーナでバスケットボール女子の親善試合が行なわれ、日本代表はチャイニーズタイペイ(以下台湾)代表と対戦した。

前日も台湾と対戦し、91-59の大勝を収めた日本。この日も序盤から台湾を圧倒し、第1クォーターで22-14、第2クォーターで19-12と試合前半で15点差をつける。その後も相手に流れを渡さないまま第3クォーター21-12、最終クォーター19-12と逃げ切りに成功し、81-58で前日に続いての快勝となった。

日本女子バスケ代表は、9月24日からFIBA女子アジアカップへ臨む。同大会3連覇中の日本は金メダル獲得が至上命令。

キャプテンの髙田真希は「今日の試合を含めて課題はまだまだある。一ヶ月後に向けてひとつひとつ課題をクリアしていき、アジアカップに臨みたい」と抱負を語った。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!