バドミントン中国OP3日目:桃田賢斗ら日本勢の多くが快勝、準々決勝へ

順当に勝ち進む桃田賢斗。20日の準々決勝では常山幹太との日本人対決を迎える
順当に勝ち進む桃田賢斗。20日の準々決勝では常山幹太との日本人対決を迎える順当に勝ち進む桃田賢斗。20日の準々決勝では常山幹太との日本人対決を迎える

9月19日、バドミントンの「BWFワールドツアー・中国オープン」の3日目が中国・常州で行われた。各種2回戦では、男子シングルス・桃田賢斗、男子ダブルス・園田啓悟/嘉村健士、女子ダブルス・福島由紀/廣田彩花ら快勝。日本勢の多くが準々決勝進出を決めた。

男子シングルスでは、世界1位の桃田賢斗がインドネシアのトミー・スギアルト(同18位)21 - 10、21 - 11のストレートで圧勝した。常山幹太(同17位)もリュウ・ダレン(マレーシア、同36位)にストレート勝ち。両者は20日の準々決勝で日本人対決に臨むことになった。

女子シングルスは女子世界ランキング16位の髙橋沙也加が格下のロシア選手に貫禄勝ち。大堀彩(同26位)は同4位の実力者タイ・ツーインに19 - 21、14 - 21で敗れた。

男子のダブルスでは、遠藤大由・渡辺勇大ペアがアーロン・チア/ソー・ウーウィックのマレーシアペアにストレート勝ち(21 - 14、21 - 17)。井上拓斗/金子祐樹ペアもドイツペアに快勝し、ともに2回戦に駒を進めた。

2日目最後の試合では、男子シングルスで西本拳太(男子同12位)が、桃田賢斗(男子同1位)のライバルであるアンソニー・シニスカ・ギンティング(同9位、インドネシア)と対戦。1本目を14 - 21で落としたものの、2本目で21 - 19でイーブンに。だが、第3ゲームでギンティングが本領を発揮し、後半の西元の粘りを押し切ってゲームセット(13 - 21)。西本は1 - 2で敗れた。

20日に出場する日本人選手は下記の通り。

男子シングルス準々決勝

  • 桃田賢斗 vs. 常山幹太(日本人対決)

女子シングルス準々決勝

  • 髙橋沙也加

男子ダブルス準々決勝

  • 園田啓悟/嘉村健士ペア
  • 遠藤大由/渡辺勇大ペア

女子ダブルス準々決勝

  • 高橋礼華/松友美佐紀ペア
  • 福島由紀/廣田彩花ペア

混合ダブルス準々決勝

  • 渡辺勇大/東野有紗ペア
  • 金子祐樹/松友美佐紀ペア

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!