バドミントン

【バドミントン】デンマークOP第3日:奥原希望、西本拳太がベスト8進出

女子ダブルスのナガマツ、フクヒロも準々決勝へ

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

BWF(世界バドミントン連盟)ワールドツアー「デンマークオープン」は10月15日、大会3日目を迎えた。

女子シングルス2回戦では奥原希望(太陽ホールディングス)がジョーダン・ハート(ウェールズ)と対戦し、21-6、21-12のストレートで8強進出を決めた。奥原は準々決勝でジュリー・ダウォール・ヤコブセン(デンマーク)と戦う。

男子シングルスでは西本拳太(岐阜県バドミントン協会)がブリス・レヴェルデをストレートで退け、準々決勝進出を果たしている。

女子ダブルスでは永原和可那/松本麻佑(ともに北都銀行)、福島由紀/廣田彩花(ともに丸杉)が勝ち上がり、それぞれ準々決勝進出となった。

デンマークOP3日目結果(BWF公式サイト)