【バドミントン】マカオOP4日目|仁平菜月が準決勝進出!奈良岡功大はベスト8敗退

準決勝で仁平菜月と対戦する中国のハン・ユエ(写真はインドネシアオープン)
準決勝で仁平菜月と対戦する中国のハン・ユエ(写真はインドネシアオープン)準決勝で仁平菜月と対戦する中国のハン・ユエ(写真はインドネシアオープン)

中国のマカオで行われているBWFマカオ・オープンは、現地時間の11月1日に4日目を迎えた。この日は、準々決勝が行われ、女子シングルスの仁平菜月 (トナミ運輸)が準決勝進出を果たした。男子シングルスの奈良岡功大(県立浪岡高等学校3年)は、ベスト8で敗退した。

女子シングルスの仁平菜月は、中国のジャン・イーマンと対戦。世界ランク33位の選手を相手に、仁平は2-0(21-11、23-21)で勝利。第2セットで食らいついてきた相手を振り切り、ストレート勝ちを果たした。ベスト4入りを果たした仁平は、翌11月2日に世界ランク15位、中国の強豪ハン・ユエと対戦する。

男子シングルス準々決勝では、奈良岡功大がタイのタンマシン・シティケートと対戦。世界ランク22位の選手を相手に、奈良岡は0-2(13-21、18-21)で敗退。メダル獲得はならなかった。

東京五輪、男子バドミントン詳細情報:バドミントン男子シングルス:東京オリンピックで初のメダル獲得なるか

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!