【バドミントン】マカオOP5日目|仁平菜月は、ベスト4敗退で銅メダル

今大会注目選手のミシェル・リーは、決勝進出を果たした(写真は、パンアメリカン・ゲームズ)
今大会注目選手のミシェル・リーは、決勝進出を果たした(写真は、パンアメリカン・ゲームズ)今大会注目選手のミシェル・リーは、決勝進出を果たした(写真は、パンアメリカン・ゲームズ)

中国のマカオで行われているBWFマカオ・オープンは、現地時間の11月2日に5日目を迎えた。この日は、各種目で準決勝が行われ、女子シングルスの仁平菜月 (トナミ運輸)の決勝進出はならなかった。

世界ランク15位の強豪、中国のハン・ユエと対戦した仁平菜月は、0-2(14-21,11-21)でストレート負けを喫した。これまで快進撃を見せた仁平は、3位タイの銅メダルで大会を終えた。仁平は、11月12日に開催されるマレーシアインターナショナルチャレンジに出場する。

仁平を破ったハン・ユエは、今大会注目選手の1人、世界ランク8位カナダのミシェル・リーと対戦する。

【日本のバドミントンについて知りたい!】:強豪へと成長した日本のバドミントン。東京五輪でメダルラッシュなるか

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!