【バドミントン】マレーシアマスターズ2020最終日|桃田賢斗が今季初優勝も、翌日事故で負傷情報

今季初戦で同大会初優勝を決めた桃田だが、翌日空港に向かう最中に交通事故に見舞われた
今季初戦で同大会初優勝を決めた桃田だが、翌日空港に向かう最中に交通事故に見舞われた今季初戦で同大会初優勝を決めた桃田だが、翌日空港に向かう最中に交通事故に見舞われた

現地時間の1月12日、マレーシアのクアラルンプールで行われている『BWF(世界バドミントン連盟)マレーシアマスターズ2020』最終日を迎えた。各種決勝が行われ、男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)が今季初優勝を遂げたが、その翌日、交通事故に巻き込まれたと地元メディアで報道された。

世界5位のヴィクター・アクセルセン(デンマーク)との決勝に臨んだ桃田賢斗は、194cmのアクセルセンに手こずり、第1ゲームで先行され、逆転したあともギリギリの攻防のなか24-22で切り抜けた。

この攻防でアクセルセンは緊張の糸が切れたのか、第2ゲームは桃田の圧勝ムードのまま21-11で決着。オリンピックイヤー2020年の初戦も桃田賢斗が制した。

この優勝翌日、同国クアラルンプールの高速道路で、帰国のため空港に向かう桃田、コーチ関係者の乗ったワゴン車が、大型トラックとの衝突事故に巻き込まれたとマレーシア地元紙などが報じた。マレーシア警察によると、桃田は鼻の骨を折ったほか唇に裂傷を負ったものの、安定した状態にあるという。

日程の確認はこちら|【バドミントン】マレーシアマスターズ2020 日程&放送予定|桃田賢斗、奥原希望ら今季初陣

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!