【バドミントン】福州中国OP 4日目|日本勢は各種目でベスト4進出、メダル確定!

混合ダブルスの渡辺勇大・東野有紗ペアは、ベスト4進出。メダルを確定させた(写真は2018年全英オープン)
混合ダブルスの渡辺勇大・東野有紗ペアは、ベスト4進出。メダルを確定させた(写真は2018年全英オープン)混合ダブルスの渡辺勇大・東野有紗ペアは、ベスト4進出。メダルを確定させた(写真は2018年全英オープン)

現地時間の11月8日、バドミントンの福州中国オープンが4日目を迎えた。この日は準々決勝が行われ、メダル獲得に向けて熱戦が行われた。シングルス世界ランク1位の桃田賢斗(東日本電信電話)、奥原希望(太陽ホールディングス)、ダブルス世界ランク1位のナガマツ”こと永原和可那・松本麻佑(社北都銀行)ペアをはじめ、各種目で日本勢が勝利。準決勝進出を決め、メダルを確定させた。

男子シングルスの桃田賢斗は、1回戦で常山健太を破ったデンマーク人のヴィクトル・アクセルセンと対戦。世界ランク6位の強豪を相手に、2-1(21-18、12-21、21-16)で勝利した。

女子シングルスでは、奥原希望が中国のホー・ビンジャオと対戦し、2-0(21-12、21-11)で世界ランク7位の強豪を一蹴した。

男子ダブルスでは、園田啓悟・嘉村健士(トナミ運輸)の“ソノカム”ペアが、2-0(21-10、21-13)とイングランドのペアを寄せ付けずにベスト4入りを決めた。

女子ダブルスでは、“ナガマツ”と“フクヒロ”の2組がベスト4入り。永原和可那・松本麻佑ペアは、世界ランク10位のリ・ウェンメイ擁する中国ペアと対戦。粘る相手を振り切り、2-1(21-14、23-25、21-15)で、勝ちきった。“フクヒロ”こと福島由紀・廣田彩花(アメリカンベイプ)ペアは、マレーシアのペアと対戦し、2-0(21-15、21-14)と危なげなくストレート勝ちで準決勝進出を決めた。

混合ダブルスは、世界ランク3位の渡辺勇大・東野有紗(日本ユニシス)ペアが、世界ランク5位のパラビーン・ジョーダンを擁するインドネシアのペアを2-0(21-15、21-18)で下し、メダルを確定させた。

各種目でベスト4入り果たした日本勢は、翌11月9日に準決勝を戦う。

【注目選手紹介】:奥原希望:女子バドミントンの「希望」の星、東京五輪で金メダルへの期待

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!