バドミントン・NZオープン、東京五輪出場権を懸けたランキング争いがいよいよスタート

リオ五輪女子ダブルス金メダル「タカマツ」ペアの東京五輪出場権を懸けた争いが始まった
リオ五輪女子ダブルス金メダル「タカマツ」ペアの東京五輪出場権を懸けた争いが始まったリオ五輪女子ダブルス金メダル「タカマツ」ペアの東京五輪出場権を懸けた争いが始まった

ニュージーランドのオークランドで行われているバドミントンのニュージーランド・オープンは、30、1日に1回戦各試合が行われ、リオ五輪女子ダブルス金メダルの「タカマツ」ペアらが2回戦へと駒を進めた。

バドミントンの東京オリンピックの出場権は、2020年4月30日のランキングで決まるため、ニュージーランド・オープンが東京オリンピック出場権獲得へ向け最初の大会。

リオ五輪女子ダブルス金メダルの「タカマツ」ペアこと、髙橋礼華/松友美佐紀ペア(日本ユニシス)はオーストラリアのペアにストレート勝ちを収め、2回戦へ。世界ランク1位の「フクヒロ」ペアこと福島由紀/廣田彩花ペア(アメリカンベイプ岐阜)もドイツのペアをストレートで下し、1回戦を突破したほか、日本勢女子ダブルスは出場全ペアが2回戦へ進んでいる。

女子シングルスも世界ランク4位の山口茜(再春館製薬所)が韓国選手にストレートで勝利し、2回戦へ駒を進めたほか、日本勢全選手が2回戦へ。男子ダブルスも世界ランク2位の園田啓悟/嘉村健士ペア(トナミ運輸) が中国ペアをストレートで下したほか、日本勢は全ペアが1回戦を突破した。

男子シングルスでは常山 幹太(トナミ運輸)、坂井 一将(日本ユニシス)が2回戦進出を決めたものの、西本 拳太(トナミ運輸)と渡辺航貴(日本ユニシス)が1回戦敗退。混合ダブルスも権藤公平(トナミ運輸)/栗原文音(日本ユニシス)ペアが1回戦で敗れた。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!