【バドミントン】WTファイナルズ第3日:桃田、奥原、”フクヒロ”らが3連勝でベスト4入り

”フクヒロ”福島由紀・廣田彩花ペアら好調の日本勢がベスト4入りを果たした(写真はインドネシアオープン)
”フクヒロ”福島由紀・廣田彩花ペアら好調の日本勢がベスト4入りを果たした(写真はインドネシアオープン)”フクヒロ”福島由紀・廣田彩花ペアら好調の日本勢がベスト4入りを果たした(写真はインドネシアオープン)

現地時間の12月13日、BWF(世界バドミントン連盟)ワールドツアー(WT)の年内最終戦、WTファイナルズの3日目が行われた。グループリーグ最終戦となる第3節を終え、翌日に行われる準決勝に進出する選手が決まった。3連勝を飾った男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)、女子シングルスの奥原希望(太陽ホールディングス)ら、日本勢の多くがベスト4入りを決めた。

男子シングルスでは、桃田賢斗が世界ランク6位インドネシアのジョナタン・クリスティと対戦し、2-0(21-14、21-14)のストレート勝ちを収めた。グループAを3連勝、首位で勝ち抜いた。準決勝では、台湾の選手と対戦する。

女子シングルスでは、グループBの奥原希望がタイの選手に2-0(21-14、21-12)で勝利し、3連勝。同グループ首位で準決勝に進出し、世界ランク1位の強豪、台湾の戴資穎と対戦する。グループAの山口茜(再春館製薬所)は、世界ランク2位の陳雨菲に0-2(14-21、10-21)のストレート負けで同グループ2位でベスト4入り。準決勝では、再び陳雨菲と対戦する。

女子ダブルスの世界ランク2位の“フクヒロ”福島由紀・廣田彩花(ともにアメリカンベイプ岐阜)ペアは、中国の陳清晨を擁する同ランク1位のペアを相手に2-0(21-10、21-13)の快勝で3連勝。グループA首位で準決勝進出を決めた。準決勝では、グループBを2勝1敗で突破した“ナガマツ” 永原和可那・松本麻佑(ともに北都銀行)ペアと対戦する。

混合ダブルスでは、世界ランク3位の“ワタヒガ”渡辺・東野有紗(日本ユニシス)がインドネシアのペアを2-0(21-14、21-12)で破って、グループBを3連勝で突破。準決勝では、世界ランク1位の中国ペアと対戦する。

男子ダブルスでは、グループAに同居した日本勢で明暗が分かれた。2連勝中の“エンワタ” 遠藤大由・渡辺勇大(ともに日本ユニシス)ペアは、2-0(21-12、21-11)で世界ランク3位の中国ペアに快勝。3連勝でベスト4入を決めた。2連敗中の“ソノカム” 嘉村健士・園田啓悟(ともにトナミ運輸)ペアは、準決勝進出の望みを懸けて世界ランク1位のルクス・フェルナルディ・ギデオン擁する世界ランク1位のインドネシアのペアと対戦。0-2(16-21、17-21)で敗れ、3連敗でグループリーグ敗退となった。

【動画で観戦!】:【バドミントン】ワールドツアーファイナルズ日程&放送予定|桃田賢斗、奥原希望らは優勝なるか

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!