【バドミントン】WTファイナルズ2日目:ナガマツペアは韓国ペアに敗戦

韓国ペアに敗れた永原和可那・松本麻佑ペア(写真はヨネックスオープン)
韓国ペアに敗れた永原和可那・松本麻佑ペア(写真はヨネックスオープン)韓国ペアに敗れた永原和可那・松本麻佑ペア(写真はヨネックスオープン)

12月12日、BWF(世界バドミントン連盟)ワールドツアー(WT)の最終戦、WTファイナルズ2019の2日目が中国・広州で行われた。女子ダブルス世界ランキング3位の永原和可那、松本麻佑(北都銀行)ペアは同5位の韓国の李紹希(イ・ソヒ)、申昇輩(シン・ソンチャン)ペアに1-2で逆転負けを喫した。

永原・松本ペアは第1ゲームを21-13で先取するが、第2ゲームを16-21、第3ゲームを13-21で落とし、予選2戦目となるこの試合に敗れた。

試合後松本は「1ゲーム目は自分たちの良い形が出せて、2ゲーム目も中盤までは良かった。だが後半から相手に流れを渡してしまう場面があった。2ゲーム目の負けがファイナルにも響いてしまった」とコメント。敗因については「攻撃より守りで引いてしまった部分があった」と分析した。

前日11日に行われた予選1試合目でタイのペアに勝利している永原・松本ペアはこれで予選を1勝1敗とした。13日には予選最終戦が行われ、永原・松本ペアは7月のジャパンオープン決勝で敗れたキム・ソヨン、コン・ヒヨンペアと対戦する。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!