【ハンドボール】おりひめJAPAN、中国を圧倒し1次リーグ3位…女子世界選手権2次リーグ進出

ハンドボール女子日本代表指揮官のウルリック・キルケリー
ハンドボール女子日本代表指揮官のウルリック・キルケリーハンドボール女子日本代表指揮官のウルリック・キルケリー

6日、熊本で行われている「女子ハンドボール世界選手権」で、日本代表はD組の1次リーグ最終戦で中国代表と対戦し、35-18で勝利を収めた。

日本は序盤から中国を圧倒し、大山真奈の活躍もあり一時は9-0と大きくリード。中国に反撃を許すも、17-8のスコアで折り返した。

後半も日本は攻勢をかけ、リードを広げて35-18でフルタイムを迎えている。この結果、日本は3勝2敗の勝ち点6となり、グループ3位で2次リーグ進出となった。この成績は24チーム制となった1997年大会以降では、最高順位となる。

2次リーグは8日から行われる。

  • ハンドボールのコツ:アンニャ・ハメルセング=エディンの協応性向上トレーニング

    ハンドボールのコツ:アンニャ・ハメルセング=エディンの協応性向上トレーニング

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!