ハンドボール

【ハンドボール】ジャパンカップ第2戦:おりひめJAPAN、フランス代表に敗れる

文: 鈴木花 ·
ドイツのボルシア・ドルトムントでプレーする藤田明日香(写真は2017年国際親善試合・韓国戦)

11月23日、おりひめJAPAN(女子ハンドボール日本代表)は、国立代々木競技場(代々木第一体育館)で開催されている「JAPAN CUP 2019 渋谷」の2戦目を迎えた。この日は、世界選手権前回王者のフランス代表と対戦し、23-28で敗れた。

チームの全員を「キープレーヤー」と標榜する“おりひめジャパン”こと日本代表は、4得点でチーム最多得点の大山真奈(北國銀行)を筆頭に、出場した選手が万遍なく得点を重ねた。世界選手権前回王者の強豪フランスを相手に、前半は11-15と点差を広げられた。しかし、うまく修正した後半は12-13と僅差の試合を繰り広げ、11月30日から始まる世界選手権・日本大会の本番に向けて、手応えを掴んだ。

翌24日には、2連敗中の世界ランク16位のブラジルと対戦する。勝利で大会を締めくくれるか。

いよいよ開幕!大会詳細はコチラ|【ハンドボール】世界選手権に臨むおりひめJAPAN発表:30日から熊本で開催