ハンドボール

【ハンドボール】日本リーグが男女とも開幕…全試合を無料ライブ配信

文: 渡辺文重 ·

第45回日本ハンドボールリーグ(2020-21シーズン)が8月29日、開幕を迎えた。レギュラーシーズンは、男子が11チーム2回戦総当たり、女子が9チーム2回戦総当たりで順位を決定。2021年3月に上位4チームが参加するプレーオフ(ステップラダー方式)で優勝チームを決める。

男子日本代表主将の土井レミイ杏利は大崎電気でプレー

関連:ステップラダー方式とは?(JHL公式)

今季は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止のため、試合によっては来場数上限を設けるなど、入場制限が行われる。また、一部の試合はリモートマッチ(無観客)で開催。リモートマッチを含め、全試合が「JHLtv」にて無料ライブ配信される。

関連:日本ハンドボールリーグ公式動画サイト「JHLtv」

なお日本ハンドボールリーグ機構(JHL)は開幕に先立ち、17日から22日にかけて全選手およびチームスタッフ、役員などを対象とした唾液採取によるPCR検査を実施。511件全てで陰性が確認されている。

第1週第1日となる29日は、男子4試合、女子4試合を実施した。結果は以下の通り。

<男子>

トヨタ車体 34-27 ジークスター東京

トヨタ自動車東日本 31-27 トヨタ紡織九州

大崎電気 33-17 ゴールデンウルヴス福岡

豊田合成 34-25 琉球コラソン

<女子>

北國銀行 28-20 ソニーセミコンダクタ マニュファクチャリング

HC名古屋 30-24 プレステージ・インターナショナル アランマーレ

飛騨高山ブラックブルズ岐阜 21-30 三重バイオレットアイリス

オムロン 28-18 大阪ラヴィッツ