サッカー

ハーツFW食野亮太郎、次節エジンバラダービーで初先発か…指揮官レヴェインが示唆

ハーツ指揮官レヴェインが食野亮太郎に期待を寄せる

東京五輪世代の日本人アタッカー、ハーツFWの食野亮太郎は、次節エジンバラ・ダービーでスタメンデビューを迎える可能性が高いようだ。

今夏、マンチェスター・シティに加わった食野は、出場機会を求めてすぐさまスコットランドのハーツへレンタル移籍。

ハーツでは第5節マザーウェル戦では途中投入ながら欧州初ゴールを記録したものの、チームは2-3で敗れる結果に。また、開幕から5試合でハーツは2分け3敗と未勝利が続いており、指揮官クレイグ・レヴェインの解任を求める抗議活動も盛んになっていた。

イギリスメディア『Deadlinenews』によると、1875年からライバル関係が続くダービーマッチ、次節ハイバーニアンvsハーツで、食野の先発は「ほぼ確実」とのこと。

記事では食野のSNSのコメントを紹介するとともに、指揮官クレイグ・レヴェインの食野に対するコメントも伝えている。

「彼はこの2~3週間、リョウはとても多くの経験をしている。コンディションも上がってきて、先週の練習は以前よりうまくできていた。ようやくアパート決まったし、車やイギリスの携帯電話も与えられた。リラックスするためのサポート体制も整っているみたいだね」

レヴェイン監督は前節マザーウェル戦での先発起用を控えた理由については「2試合目で負担の多いスタメン起用はしたくなかった。彼はここでプレーするにあたって良いフィーリングを持たなければいけないからだ」と説明している。

「だけど、マザーウェル戦では途中出場でも大きな違いを生み出してくれた。結果としてチームが勝利を収められなかったことは残念だったかもしれない。次戦、土曜日の夜に向けて自信を身に着けたことは、一つの成果だったんじゃないかな」

果たして食野は次節、アウェーのハイバーニアン戦で先発出場となるのだろうか。また、ここまで未勝利と窮地に立たされているハーツを、自らの活躍で今季初勝利に導くことができるのか、注目が集まる。

ハイバーニアンとハーツの一戦は日本時間22日23時キックオフとなる。