【ビーチバレーボール】国内主要大会の日程発表…2020年のWTは1月7日から

日本バレーボール協会(JVA)は12月25日、ビーチバレーボール競技の2020年度国内主要大会スケジュールを発表した。また2020年のFIVB(国際バレーボール連盟)ビーチバレー・ワールドツアーは、1月7日開幕のゲシュム島大会(イラン)からスタート。日本人選手も参加する。

東京五輪の日本代表争いも佳境を迎える
東京五輪の日本代表争いも佳境を迎える東京五輪の日本代表争いも佳境を迎える

国内主要大会に関しては、2010年から2019年まで神奈川県川崎市で開催されていた「ビーチバレー・ジャパン・カレッジ」が、1989年第1回大会が開催されていた神戸市明石市須磨海岸で開催されることが大きな変更点となる。現時点で発表されている国内主要大会スケジュールは以下の通り。

国内主要大会スケジュール

  • ジャパンビーチバレーボールツアー2020 4月~10月 全国各地(詳細未定)
  • ビーチバレー・ジャパン・カレッジ2020(第32回全日本ビーチバレー大学男女選手権大会)7月16~17日 兵庫県明石市
  • 第19回全日本ビーチバレージュニア男子選手権大会 8月11~13日 大阪府阪南市
  • '20 マドンナカップ in 伊予市(ビーチバレージャパン女子ジュニア選手権大会)8月13~16日 愛媛県伊予市
  • 第31回全日本ビーチバレー女子選手権大会 8月15~17日 大阪府泉南郡岬町
  • 第11回全国中学生ビーチバレー大会 8月16~17日 神奈川県藤沢市
  • 第34回ビーチバレージャパン 8月21~23日 神奈川県藤沢市
  • 第75回国民体育大会 9月12~15日 鹿児島県曽於郡

このほか5月には、Tokyo 2020(東京五輪)の日本代表を決める「東京2020ビーチバレーボール日本代表チーム決定戦」も開催される。

2020年のFIVBビーチバレーWTは、1月7日から10日までゲシュム島にて開催される1スター(最高は5☆)からがスタート。同大会は男子のみで、FIVB公式サイトによれば、日本からは3組がエントリーしているようだ。

Dargahan Cup Qeshm Island FROM JAN 7TH TO JAN 10TH, 2020

  • 村上斉(株式会社ADI.G)&土屋宝士(フリー)ペア、
  • 柴田大助&西村晃一(ともに東京ヴェルディWINDS)ペア
  • 平良伸晃(松戸レガロ/D-FORUM)&佐藤亮太(雄大グループ)ペア

女子のWTは、2月9日開幕のカンボジア・シェムリアップ大会(2☆)が2020年最初の大会となる。FIVB公式サイトによれば、日本から8組のエントリーがあるようだ。

Siem Reap FROM FEB 6TH TO FEB 9TH, 2020

  • 二見梓(東レエンジニアリング株式会社)&長谷川暁子(NTTコムウェア株式会社)ペア、
  • 本村嘉菜(Sandblock/KLB)&酒井春海(アイビークリーン)ペア
  • 西堀健実&溝江明香(ともにトヨタ自動車)ペア
  • 坂口佳穗(マイナビ/KBSC)&村上礼華(ダイキアクシス)ペア
  • 坂口由里香(株式会社オーイング)&鈴木千代(クロス・ヘッド)ペア
  • 柴麻美(株式会社帝国データバンク)&石坪聖野(アットホーム株式会社)ペア
  • 草野歩(パソナグループ)&橋本涼加(トヨタ自動車)ペア
  • 鈴木悠佳子(荒井商事/湘南ベルマーレ)&熊田美愛(リソースフォレスト株式会社)ペア

2019/2020 FIVB BEACH VOLLEYBALL CALENDAR(pdf形式)

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!