ビーチバレー

【ビーチバレー】マイナビジャパンツアー立川立飛:高橋巧・長谷川徳海組と石井美樹・村上めぐみ組が優勝

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

マイナビジャパンビーチバレーボールツアー2020立川立飛大会(TACHIHI BEACH/東京都立川市)が、10月31日から11月1日に開催された。男子は高橋巧(ANAセールス株式会社)・長谷川徳海(愛媛県競技力向上対策本部)組が優勝。女子は石井美樹(荒井商事株式会社/湘南ベルマーレ)・村上めぐみ(株式会社オーイング)組が制した。

マイナビジャパンビーチバレーボールツアー2020立川立飛大会・結果

試合後の各選手のコメントは以下。

高橋巧

普段練習してることを試合で活かす精度がまだまだ低い。より鍛錬していかなければと思います。そして世界で勝つために、もっと自分の足りない部分を突き詰めていきたいです。課題を再認識した大会でした。

長谷川徳海

自粛期間はやれることを全力でやってきました。優勝は自分たちの練習の成果。今後もよりよい結果が出せるよう、日々頑張っていきたいです。

石井美樹

大会を開催していただき、みなさまが応援してくださったからこそ、私たちがプレーできました。本当に感謝しています。これからはそれに応えるような恩返しができるよう頑張っていきたいです。

村上めぐみ

自粛期間中に取り組んできたことを試合でどのように発揮できるか、それをこの先どうやってつなげていくか、ということを意識した試合でした。これからはより良いチームになるように、日本代表決定戦までに、もっと練習で積み上げていきたいです。

国内ビーチバレーボールのトップカテゴリー「BVT1」のマイナビジャパンビーチバレーボールツアーには、オリンピックやFIVB(国際バレーボール連盟)ワールドツアーなど、国際大会出場を目指す選手が参加。2020シーズンは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により開幕が延期され、立川立飛大会のみの開催となった。

なお、Tokyo 2020(東京五輪)日本代表チーム決定戦(会場未定)は2021年5月中旬から6月中旬に男女同時開催される。