フィギュアスケート

【フィギュアスケート】世界選手権1日目:女子SP、紀平梨花は2位発進…首位シェルバコワと1.92差

坂本花織6位、宮原知子16位。三浦璃来&木原龍一ペアはSP終えて8位

文: 渡辺文重 ·

ISU(国際スケート連盟)世界フィギュアスケート選手権大会2021が現地時間3月24日にスウェーデン・ストックホルムで開幕。競技初日は女子シングルのショートプログラム(SP)、開会式、ペアSPが行われた。紀平梨花(トヨタ自動車)は女子シングル前半のSPを2位で終えている。

女子SPには37選手が出場。首位はロシア・フィギュアスケート連盟(FSR)から出場のアンナ・シェルバコワで81点。2位の紀平は79.08点だった。3位は78.86点のエリザベータ・トゥクタミシェワ(FSR)。後半フリースケーティング(FS)で4回転ジャンプを予定しているアレクサンドラ・トゥルソワ(FSR)は64.82点の12位と出遅れた。紀平以外の日本勢では、70.38点の坂本花織(シスメックス)が6位、59.99点の宮原知子(関西大学・木下グループ)が16位となっている。

女子SPの上位24選手が出場する女子FSは26日に実施。女子FSではトゥルソワのほか、紀平とシェルバコワが4回転ジャンプを予定している。また世界選手権は北京五輪の出場枠にも影響。男女シングルに各3選手が出場している日本は、上位2名の順位合計が13以内なら3枠、14から28なら2枠を獲得する。

24組が出場したペアSPは、アレクサンドラ・ボイコワ&ドミトリー・コズロフスキー(FSR)が80.16点で首位。三浦璃来&木原龍一(木下グループ)は64.37点の8位となった。SPの上位20組による後半FSは、25日に行われる。