フィギュアスケート

【フィギュアスケート】宇野昌磨出場予定、スイス・ロマンド杯が新型コロナの影響で開催断念

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

スイス、ローザンヌで開催予定だったフィギュアスケートのロマンド・トロフィーが大会実施を断念した。現地時間10月28日、主催者である『Club des Patineurs Lausanne Malley』がメディアを通じて正式発表している。

ロマンド・トロフィー(ロマンド杯)は同10月31日に男子ショートプログラム、11月1日にフリーが行われる予定となっていたが、直前になって開催を断念。同大会にはフィギュアスケート男子、平昌オリンピック銀メダリストの宇野昌磨(トヨタ自動車)や、2018年ジュニアグランプリファイナルの銅メダリスト島田高志郎(木下グループ)がエントリーしていた。

現在ヨーロッパでは新型コロナウイルスの感染拡大が再び問題になっており、運営者は「この大会を実施するかどうかの決定は水曜日の夜に行う」と事前に公表していた。結果的にスイス国内でもパンデミックの兆候があることから選手たちの安全を考慮し、大会中止を決断する運びとなった。

この大会がもし実施されていた場合、宇野にとっては今季初の公式戦となる予定だった。