フィギュアスケート

【フィギュアスケート】山下真瑚が中部選手権、田中刑事が中四国九州選手権で優勝

文: 渡辺文重 ·

フィギュアスケートの国内ブロック大会、中部選手権と中四国九州選手権が9月25日に開幕。27日に最終日を迎えた。有力選手が出場した中部選手権の女子シングルは山下真瑚(愛知県・中京大中京高校)、中四国九州選手権の男子シングルは田中刑事(倉敷FSC)が、それぞれ優勝した。

2020 中部選手権大会結果(JSF公式)

2020 中四国九州選手権大会結果(JSF公式)

中部選手権大会は邦和スポーツランド(愛知県名古屋市)で、中四国九州選手権大会は岡山国際スケートリンク(岡山県岡山市)にて開催された。

国内ブロック大会は中部・中四国九州を皮切りに、全6大会を開催。10月2日から4日まで競技を行う近畿選手権(大阪府立臨海スポーツセンター/大阪府高石市)では、男子シングルに友野一希(同志社大学)、女子シングルに坂本花織、三原舞依(ともにシスメックス)、河辺愛菜(木下アカデミー)が出場。9日から11日までダイドードリンコアイスアリーナ(東京都西東京市)にて行われる東京選手権では、女子シングルに本田真凜(JAL)、妹の望結(プリンスホテル)らが出場する。