【フィギュアスケート】新設のISUアワード、羽生結弦がMVPなど2部門にノミネート

国際スケート連盟(ISU)は6月26日、新設されたフィギュアスケートの年間表彰「ISUスケーティングアワード2020」のノミネートを発表した。日本からは羽生結弦(ANA)が「最優秀選手(MVP)」と「ベストコスチューム」の2部門で選出。各賞の発表は7月11日に配信される。

ベストコスチュームにノミネートされた羽生結弦の衣装
ベストコスチュームにノミネートされた羽生結弦の衣装ベストコスチュームにノミネートされた羽生結弦の衣装

今回の選考対象となる大会は、2019/20シーズンのISUグランプリシリーズ、ISUヨーロッパ選手権、ISU四大陸選手権で、2019年12月1日から2020年2月10日までの間に一般、メディア、ISU会員によるオンライン投票により、ノミネートが決定された。各賞ノミネートは以下の通り。

最優秀選手

  • ネイサン チェン(アメリカ合衆国)
  • ガブリエラ パパダキス/ギョーム シゼロン(フランス)
  • 羽生結弦(日本)

ベストコスチューム

  • マディソン チョック/エヴァン ベイツ(アメリカ合衆国)フリー
  • アンナ シェルバコワ(ロシア)フリー
  • 羽生結弦(日本)※ISUグランプリシリーズ・フリー

最優秀プログラム

  • ケビン エイモズ(フランス)ショートプログラム
  • エフゲニア メドベージェワ(ロシア)フリースケーティング
  • ガブリエラ パパダキス/ギョーム シゼロン(フランス)リズムダンス

最優秀新人

  • アリョーナ コストルナヤ(ロシア)
  • アレクサンドラ トルソワ(ロシア)
  • ユ ヨン(韓国)

最優秀振付師

  • シェイ=リーン ボーン(カナダ)
  • マリー=フランス デュブレイユ(フランス)
  • ローリー ニコル(アメリカ合衆国)

最優秀コーチ

  • ラファエル アルトゥニアン(ロシア)
  • ブライアン オーサー(カナダ)
  • エテリ トゥトベリーゼ(ロシア)

また、フィギュアスケート界の手本とされ、大きな成功と人気を獲得したレジェンドを称える「生涯功労賞」は、ISUスケーティングアワード2020の配信中に発表される。

ISUスケーティングアワード2020は本来、3月にモントリオール(カナダ)で開催される予定だったISU世界選手権・最終日に予定されていたものの、同選手権は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により中止となっていた。7月11日のスケーティングアワード表彰式は、YouTube(ユーチューブ)チャンネル「Skating ISU」にて配信される。

楽しめましたか?お友達にシェアしよう!