フィギュアスケート

【フィギュアスケート】日本スケート連盟が2020-21シーズン国際競技会派遣選手選考基準を発表

文: オリンピックチャンネル編集部 ·

日本スケート連盟は9月2日、2020-21シーズンのフィギュアスケート国際競技会派遣選手選考基準を発表した。世界選手権のシングルには、全日本選手権(長野・12月23日~27日)優勝者を派遣。残りの2枠は20-21シーズン各大会の成績などを総合的に判断し、出場選手を選考する。

世界選手権(スウェーデン・ストックホルム/2021年3月22日~28日)と四大陸選手権(オーストラリア・シドニー/2021年2月8日~14日)の派遣選手選考基準は以下の通り。

世界フィギュアスケート選手権大会

男女シングル(各3枠)

①全日本選手権大会優勝者を選考する。

②以下のいずれかを満たす者から総合的に判断して1名選考する。

  • 全日本選手権大会2、3位
  • ISUグランプリシリーズ出場選手の中で、各大会の表彰台に上がった選手上位2名
  • 全日本選手権大会終了時点でのISUワールドスタンディング上位3名

③以下のいずれかを満たす者から総合的に判断して、①②で選考された選手を含め3名に達するまで選考する。

  • ②の項目に該当し、②の選考から漏れた選手
  • 全日本選手権大会終了時点でのISUワールドスタンディング上位3名
  • 全日本選手権大会終了時点でのISUグランプリシリーズベストスコア上位3名

ペア・アイスダンス(各1枠)

以下のいずれかを満たす者から国際的な競技力を考慮し総合的に判断して選考する。

  • 全日本選手権大会優勝組
  • 全日本選手権大会終了時点でのISUグランプリシリーズベストスコア上位3組

※原則、最終選考会である全日本選手権大会への参加は必須

四大陸フィギュアスケート選手権大会

男女シングル(各3枠)

全日本選手権大会終了時に、以下のいずれかを満たす者から総合的に判断して選考する。

  • 全日本選手権大会10位以内
  • 全日本選手権大会終了時点でのISUワールドスタンディング上位6名
  • 全日本選手権大会終了時点でのISUグランプリシリーズベストスコア上位6名

ペア(3枠)

国際的な競技力を考慮し総合的に判断して選考する。

アイスダンス(3枠)

フィギュア委員会が定める派遣基準点を満たした組の中から、国際的な競技力を考慮し総合的に判断して選考する。

※原則、最終選考会である全日本選手権大会への参加は必須

その他大会の派遣選手選考基準は以下のリンクを参照。

2020-2021シーズン、フィギュアスケート国際競技会派遣選手選考基準(日本スケート連盟・PDF)