フィギュアスケート

【フィギュアスケート】東京選手権2日目:永井優香が女子シングル優勝…本田姉妹も東日本選手権進出

文: 渡辺文重 ·

フィギュアスケートの国内ブロック大会、東北・北海道選手権(MGC三菱ガス化学アイスアリーナ/新潟県新潟市)と東京選手権(ダイドードリンコアイスアリーナ/東京都西東京市)が10月10日に行われた。東京選手権女子シングルは、今季限りで引退する永井優香(早稲田大学)が制した。

2020 東北・北海道選手権大会結果(JSF公式)

2020 東京選手権大会結果(JSF公式)

本田真凜(JAL)は7位。真凜の妹でシニアデビューとなる望結(プリンスホテル)は12位で、11月5日から8日に開催される第46回東日本選手権大会(小瀬スポーツ公園アイスアリーナ/山梨県甲府市)進出が決まった。

国内ブロック大会は、10月29日から11月1日に開催される第46回西日本選手権大会(京都アクアリーナ/京都府京都市)と東日本選手権の予選を兼ねている。また、西日本選手権と東日本選手権の上位成績者は、12月24日から27日にビッグハット(長野県長野市)で開催される第89回全日本選手権大会への出場権を得る。